元高額案件を売り裁くグループに所属していた男がバラすアフィリエイトセンターの裏側

伊藤です。

 

もしもあなたが、SNSやブログで無料オファーを
取り組んで オプトインアフィリエイト報酬を稼ごうとしているなら
今からすぐに辞めて下さい。

 

小銭稼ぎには、なりますが
事実上、1リスト1000円でも、非承認を連発されると
その単価は、100円、200円まで下がっているのです。

アフィリエイトセンターの裏側

 

正直に言いますが、アフィリエイトセンターと言っても
ASPとは異なり、自社が集客できるツールの一つですので
無駄なお金は、1円も払いたくないのが本音で、
身内や仲間内だけ優遇承認をして一般の人は、
散々な非承認を連発するアフィリエイトセンターも増加しているのが現状です。

 

非承認の基準とは?

 

例えば案件も色々とありますが、
アフィリエイトセンターで非承認にされるケースは
過去の案件で既に自社リストと保有しているものについては
承認を下ろさないケースが殆どを占めます。

 

本来ASPでもAという商品を売れば報酬になり
同じASPのBという商品を売れば報酬になるのは勿論です。

 

しかし アフィリエイトセンターという玩具のようなツールを使っている人の多くは、
自社にあるリストは、容赦なくカット。

 

これが現状でもあるのです。

 

つまり案件数の多いところは、比較的承認率も悪く
数字も伸びません。

 

また新規のアフィリエイトセンターなどの場合は、
すぐに潰す事もあるので使う事は非常に危ないです。

 

重複だけに留まらずに「こいつの報酬カットしとこ」といった感じで
そのお金を ランチに回したりするのは日常茶飯事なのです。

 

自社の関わる商品を販売しながらアフィリエイトセンターを運営するところが
大多数を占めるのです、このカラクリは好き放題、自分達で利益調整が
できるという事なのです。

 

「まさか」と思うかもしれませんが、そういう行為が日常茶飯事で繰り返されており
昔ならともかく、今であれば全て承認を行う事で 赤字を喰らう場合もでてきます。

 

無料のもので1件1000円とか美味しそうですが
どんどん紹介する事で、あちこちで被害が浮彫になっているのが
今現状なのです。

「詐欺に加担する行為」と認識をしている人が非常に多く、
途中で辞める人も増えてきました。

 

これは、紹介する側も利益重視で、詐欺に近い行為だと
消費者側も見始めているからです。

「あの時あのメールが来なかったら・・・」と私に打ち上げた人も多くありません。

 

ただ、今では大々的にやっているのは、同じグループ内や
あるいは、グル―プ繋がりの人達ぐらいです。

 

今さら、無料オファーを頑張ろうと、
未来性は極めてないし対して稼げないだけでなく
信用も落として何か問題が勃発すれば厳密には
最初に紹介した側も共犯と認められるケースもでてくるようです。

 

アフィリエイトセンターなどで高額案件で情弱者をカモにしようとする
販売者へリスト提供する オプトインアフィリエイターを稼ぎ難くする事で
市場規模に打撃を与えていく事が可能になる筈です。

 

アフィリエイトセンターは稼ぎ続ける事が困難であり
また承認は、適当であるという点について覚えておいてください。

それでは伊藤っでした。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ランキング参加中です

ブログランキング

このページの先頭へ