PPCアフィリ系のノウハウが使えなくなる、その理由 「PPCレボリューション」

どうも伊藤です。

いつも購読ありがとうございます。

 

ネットビジネスと言っても数多くの種類があり、その中でも
アフィリエイトというジャンルで言えば、幅広く多数のノウハウがあります。

中には長く使えるもの、短期的にしか使えないものと
様々ですが、今回は「PPCアフィリエイト」というジャンルで
少し話を説明させてもらいます。

 

このPPCアフィリエイトと言うジャンルで、今回取り上げたのは、こちらの商材です。

 

PPCレボリューション

 

販売者 北岡大樹

 

さらっとこちら⇒PPCレボリューション ここでも触れた内容ですがPPCアフィリエイトと言うのは、特定のノウハウが出ると
多くの人が群がって取り組む傾向にあり、一瞬で競合やライバルが
溢れかえります。

PPCアフィリエイトという特質上、類似キーワードなどに人が群がれば
広告の出稿単価が高騰し、どうしても限界が出てきます。

基本的には、入札方式なので価格が高騰するに連れて、
売る商品のアフィリエイト報酬と比較すれば、割りに合わない数字になり
利薄という結果に繋がるんですね。

 

これは、あくまでも定番のパターンですが今回のPPCレボリューションは
少しグレーな要素も含んでいます。

 

一応こちらでも書きましたが⇒PPCレボリューションのレビューと感想

 

 

PPCアフィリエイトでも禁止に近い行為

 

PPCレボリューションのノウハウが、どうグレーかと言うと
多くの広告主が禁止している商品名によるリスティング広告。

 

つまり、「商品名によるPPC広告の出稿の禁止」です。

 

ただ、商品名キーワードと言うのは成約率も高く美味しいのは
言う間でもありません。勿論、PPC側で規制があるわけでも無いのですが
基本的に出稿がバレると、提携解除、報酬無効化という結果に陥ります。

これらの行為は、明らかにグレーゾーンでありながらも
当初、まかり通れば、確かに利益に繋がるものですが
広告主からしても、検索すれば分かる話で夜回しがバレて
より規制が厳しくなっているのが現状です。

 

もちろん全ての商品やサービスが商品名出稿禁止に
しているわけでもありませんが、認知度の高いものの多くは
禁止されたりしています。

 

結局のところ数少ない人間が、影で行うには良い手法でしたが
どんどんノウハウが情報販売などで拡散される事により
規制も強まり、実行し難い環境に陥ったというのが一部始終です。

 

どっちにしてもPPCアフィリエイトに関しては、
キーワードを選んで入札方式で出稿するというものであり
基本的には、お金さえ積めば、ほぼ同じ状況に真似できる特性が
ある事から、ノウハウによっては一瞬で飽和や、規制が掛かり、
取り組めなくなるケースがあるという事です。

PPCレボリューションに関しては、ちょいグレーな手法だったので
尚更と言えば尚更と言えますが・・・。

少し参考にして頂ければと思います。 それでは伊藤でした。

 

伊藤が推奨する検証済み教材はこちら

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ランキング参加中です

ブログランキング

このページの先頭へ