グーグルアドセンスの審査を通過しない審査結果が届かない場合

 

伊藤です。

本日はグーグルの一時審査について少し触れようと思います。

image299

 

実は、こちらの教材⇒YouTubeトレンドマーケティング

 

これを取り組む前に先にGoogleアカウントを登録してみようという方が

軒並み増加しています。

 

一応、こちらでもアドセンスアカウント開設についてのサポートは

してくれますが一応、簡単に私の方でも説明しておきます。

 

まずは、Googleアドセンスの利用登録を行います。

 

まずはグーグルアカウントの取得が必須なので、

Gmailでも良いから取得しましょう。

 

 

Gmail の申込み※無料⇒http://gmail.google.com/

登録後、続いてはグーグルアドセンスに登録します⇒https://www.google.com/adsense/?hl=ja

あとは必要事項を入力するだけです。

 

ただ審査には、Googleアドセンスの広告を貼る為のブログが必要となります。

俗に言う審査用ブログで、審査に合格後広告を貼る事が可能です。

動画アドセンスの場合は、このアカウントと統合できるので、まず一つ作成していきましょう。

 

一応、審査用ブログの作成についての注意点は、この後説明します。

 

 

仮に審査に落ちたとしても、通るまで何度でも申請が可能です。

 

だから気軽に取り組んで下さい。

 

では、アドセンス審査用のブログについて気をつける事を書いておきます。

 

 

アドセンス審査に落ちる主な理由とは

 

グーグルの審査に余計な配慮は必要ありません。

凝ったコンテンツを作る必要もありません。

逆に、凝ったものを作ろうとか余計な神経を使う人程、

審査に落ちている傾向があります。

審査に使うブログは、審査にしか使わず

捨てれば良いので深く考えず審査だけ通す為にコンテンツを作りましょう。

 

 

ブログサービスは、ソネットなどで問題ありませんが

動画アドセンス目的であればブロガーで十分です。

 

 

①まず文字数⇒600文字以上のコンテンツである事。

②ブログの運営期間を1か月くらい遡る。

つまり今が8月1日であれば、過去の1か月程度3日に1度くらい

遡って投稿していくという感じです。

1か月前から運営しています。と見せる為です。

同じ日付で10記事投稿とか不自然なのでNGです。

③記事の内容は日記とか趣味のジャンルについて

書いていけばOKです。トレンド記事とか書かないようにしましょう。

④動画や画像は一切使わない。

 ⑤発リンクしない。広告も挿入しない。記事の日付の重複もNG

 

 

まずは、これで審査にかけて、1次審査を待ちましょう。

 

1週間も経過して審査通過の連絡が来ない場合は

一度、アドセンスの広告コードが貼れる状態になってないか

確認してみましょう。

 

稀に1次審査のメールが届かないと問い合わせがあるのですが

メールが何かの原因で受信できていないケースが多いです。

 

広告コードが貼れる状態なら審査にも通過しており

広告を審査通過したブログに貼りつけて下さい。

 

問題なければ広告が表示されます。

普通に広告が表示されれば後は所有サイトどこでも

アドセンスの規約に触れないコンテンツであれば
貼る事が可能です。

 

1次審査に掛かる期間は1週間以内。

2次審査は早ければ、当日か翌日です。

 

一応メールが配信される仕組みですが、メールそのものが

見当たらない状態で、審査が通過しているケースも少なくありません。

 

まずは「審査まだかな」と思ったら、広告コードを貼れる状態になってないか確認してみましょう。

 

もしもGoogleアドセンスの審査でお悩みの人は

気軽に相談してくださいね。伊藤でした。

 

 

伊藤のお奨めコンテンツ

ガチでお奨めする、ある手法

コメントを残す

サブコンテンツ

ランキング参加中です

ブログランキング

このページの先頭へ