秀吉塾とバナナデスク(伊藤の本音)

どうも伊藤です。

以前にも少しお伝えした秀吉塾。

秀吉塾

販売者情報

販売者情報 特定商法の表記

販売業者 株式会社move

運営統括責任者 岡田 崇司 加藤秀吉

 

あれから多くの声を頂きました。

実はこの秀吉塾は購入後にも

20万円を超えるバックエンド商品が登場するようです。

 

下刻上の購入にはサポートでメールの返信もろくにせず

煽りメールが連発しているという声が出ている反面、

それを取り巻くかのように絶賛の声があふれています。

このタイミングと言うのは

この秀吉塾がインフォトップでアフィリエイト報酬解禁になってからの事です。

 

秀吉塾の評価するサイトが多い理由とは?

 

秀吉塾を大絶賛する人は明らかに

公開されてもいない塾に対して推薦の嵐です。

どんなツールか。

誰が制作したツールか。

 

これらも明確ではないし

下剋上のサポート面が手薄な状態で

既に不満の購入者が居るにも関わらず

これだけ多くのサイトで

推薦している事自体がおかしい話です。

 

 

尚、今回の演出は、過去に登場していた

ブラックバタフライ(蝶乃舞)

アンダーグラウンドビジネス(大西良幸)

やしろ塾(やしろひろたみ)

その他過去に登場していた高額塾とほぼやり方が同じなのです。

 

下刻上は私も持っていて良いと思いますが

やはり初心者には、「検索エンジンからアクセスが来ない」と言う

相談を数多く受けています。

 

なぜならトレンドキーワードを狙う人の数は半端なく多く、

ライバルや競合が犇めいてるので、一昔前とは限りなく

違った状況となっている事は確かなのです。

 

つまりそのままの実践より応用力とアイデア力の

持ち主が生き残るという事。

これは当然の話です。

 

もちろん多少は稼げるものの、多くは難しく、

今回の秀吉塾は、「今後稼ぎ続ける為に」といった謳い文句ですが

私からすると単なる煽り文句でしかないように思えます。

 

ましてや全員が同じツールを使えば、どうなるか?

便利になればなるほど競合やライバルが増加して

同じくアイデアや応用力がある人が生き残るという事です。

 

既に下刻上でも、ライバルや競合を避けたキーワード選定で

膨大な時間を取られている方が非常に多いようですが、

実践者のサイトが増えれば増える程、

検索する人と検索キーワードと言うのは絶対数があり、

その数に対して多くの記事が並んでも検索結果1ページに

表示される件数は、限度があるのです。

 

つまり機械的な作業では難しい事は言うまでもありません。

 

秀吉塾の内容については、現段階では、分かりませんが

その辺も踏まえて検討して貰えると一番だと思います。

秀吉塾

コメントを残す

サブコンテンツ

ランキング参加中です

ブログランキング

このページの先頭へ